時代や文化で異なる | 包茎手術で名古屋城のシャチホコのようなイチモツを手に入れよう

時代や文化で異なる

包茎手術はその時の時代や文化によって異なる

包茎手術の歴史はかなり古いものとなっています。中世の西洋の国等では、割礼といって子供のころからペニスの包皮を切ってしまうというのが、文化としてありました。 また、逆に亀頭が外に出ているということは恥であるという認識から、包皮を覆うための処置をしたということもあったようです。 近年においては、特にアメリカで包茎手術がよく行われるようになりました。よく行われるようになった理由としては、自慰行為を制限するためというのが理由であったようです。 最近では、包茎手術は主に衛生面のためであったり、早漏治療であったり、見た目のコンプレックス解消のためであったり、様々な理由で行われるようになっています。また、技術も向上し、専用の糸で切らずに包茎手術ができるようになっています。

包茎手術は今後利用者が拡大の見込み

男性にとって、性器に関する悩みといえば包茎が何と言っても多くなります。包茎は、仮性と真性の二種類がありますが特に後者の場合は、勃起時でも亀頭が露出せず、不潔であるだけでなく、炎症を起こす原因ともなるのです。 真性包茎の治療には、包茎手術がもっとも効果的ですが、性器の悩みということでこれまでは利用をためらう方も多かったのが現状です。また、包茎手術で麻酔のためとはいえ、性器に注射を行うのも敬遠されていた理由と言えます。 しかし、昨今の包茎手術は技術の進歩もあり、負担は格段に減少しています。麻酔もシート上の物を貼付することで可能となっているところです。こうした改善により包茎手術の利用者はさらに増えることが見込まれています。