包茎のタイプ | 包茎手術で名古屋城のシャチホコのようなイチモツを手に入れよう

包茎のタイプ

仮性と真性

名古屋には、多くの男性がいます。もちろんです。この世は男性と女性で出来あがっていて、その数はだいたい半々なのですから。
名古屋の街の規模を考えれば、男性は数十人というわけにはいかないでしょう。もっとたくさんいらっしゃるはずです。ということは、つまり、包茎手術を必要としている男性が、名古屋にはたくさんいるということなのです。
もちろん、名古屋だけでなく、そういった男性は日本全国にいらっしゃるわけですが、ただ、誰も彼もが「同じ包茎」であるわけではありません。包茎にはいくつか種類があって、それを治すための包茎手術にも、それぞれに応じた方法というものがあるのです。

たとえば、仮性包茎と真性包茎という違いがあります。皮が剥けた状態を正常であるとするなら、皮をむいてすぐに正常な状態にすることが出来るものを、仮性包茎といいます。
一方、皮を自分でむこうとすると痛くて剥けない、皮が先端部分を覆い尽くすような勢いで、入り口が狭いという状態を真性包茎と表現するのです。

カントン包茎

名古屋のクリニックでは、仮性包茎、真性包茎それぞれの包茎手術をしてもらうことが出来ます。皮を切り落としてしまうというのが、どちらの場合でも、包茎手術の基本です。
仮性包茎の場合には、軽ければ糸で皮をしかるべき位置に固定するという方法もあります。
真性包茎の場合には、そういうわけにはいきません。何しろ皮がぴったりと亀頭の部分に貼りついているということもあるのです。こういう場合の包茎手術としては、まずは入り口のところから縦に切れ目を入れて亀頭部分を露出させ、その上でまわりを切除してゆくということになります。

また、真性包茎よりひどくなく、多少むりやりにでも剥くことはできるものの、剥いたら剥いたで亀頭の部分が皮で締めつけられてたいへん痛いという包茎があります。
この「カントン包茎」も、真性包茎と同じようにして手術します。